勉強・教育

幼児期から体操教室に通うメリットとは?内容や費用について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

子どもに人気の習い事は、英語・水泳・体操・リトミックなど多種多様。
なかでも体操教室は、体を動かすのが好きな子や、マイペースな子でも楽しんで取り組める習い事として、気軽に始められるのも人気の理由のひとつで、高い支持を得ています。

就学前の子どもが通う体操教室はどんなことをするのでしょうか?
また、体操教室を通じて、子どもが伸ばせる能力や、通うことのメリットをご紹介します。

幼児 体操教室 費用 メリット

なぜ、いま人気の体操教室?

外遊びの機会や少子化による遊び相手の減少により、子どもの体力水準が低下しています。
文部科学省によれば、昭和60年頃と比較して青少年の運動能力は、中高生男子の50m走を除き、依然として低い水準にあります 。

小さいうちから、体を動かす習慣をつけることは、基礎体力作りや運動能力の向上につながります。
走ったり、飛び跳ねたり、思い切り体を使う経験を通じて、子どもは自分の体の動かし方を学んでいくのです。

しかし、子どもが自由に体を動かせる場所は限られます。そこで注目されるのが、体操教室の習い事です。

入園前の2、3歳からはじめたり、早ければ赤ちゃん期から受講できる教室もあります。
外国人のインストラクターが指導を行う、英会話教室を兼ねた体操教室も人気があります。

体操教室には、運動能力の基礎を伸ばすことのほか、集団活動・協調性・積極性・自立性といった精神的な発達を重視する教室も多いです。

幼児向けの体操教室の内容は? どんなことをするの?

教室の種類は、

  • 体操のみの単独系
  • 英語やほかの習い事も学べるミックス系
  • 走る・跳ぶ・投げるなど基本的な動きに特化した運動教室

などがあります。
また、幼稚園でオプションの習い事として開催している教室も増加しています。

一般的な体操教室のレッスンの内容は、跳び箱・マット・トランポリン・平均台など、体操で使用する用具を使い、発達段階に合わせた方法で体を動かします。

体操教室 幼児 レッスン内容

跳び箱を何段跳べる、のような技術を身につけることだけが体操教室ではありません。

  • バランス感覚を養う
  • スキップやジャンプで筋力をアップする
  • 体の正しい使い方を学ぶ
  • 柔軟性のある体にすることでけがをしにくくなる

といったことも幼児向けの体操教室が大切にしていることです。

なかには保育付きの体操教室もあり、幼稚園の入園前に母子分離に慣れるため、習い事に選ぶご家庭もあります。

費用は他のお稽古事と比較して高い? 安い?

週に1回60分、月額4,000円~6,000円で開講しているところが多いです。

知育や精神面の発達を目指す幼児教室は月15,000~20,000円ほど。ピアノは月10,000円、英語は8,000~10,000円と考えると、比較的お手頃な価格の習い事といえます。

体操教室に通うことのメリットは? ママに評判を聞いてみました。

小さいうちから体操教室で体を動かすことは、どんなメリットがあるのでしょう?
実際にお子さんを体操教室に通わせているママに話を聞いてみました。

--お子さんの年齢と、習い事を始めた時期は?

現在、4歳8ヶ月の女の子です。2歳から体操教室に週に1回通っています。

--はじめは、お子さんの様子はどんな感じでしたか?

2歳だったので、親子で一緒にレッスンを受けるところからスタートしました。
体操リボンで遊んだり、マットの上にジャンプしたり、最初は「遊び」の延長という感じでした。

--お子さんの運動能力に変化はありましたか?

明確にこれが成果とは言えませんが、体を動かすことが好きになって自信がついたように思います。
片足でバランスをとったり、トランポリンで空中ポーズを決めながら跳ねることも、体操教室で教わりました。
幼稚園でも、かけっこが大好きですね。

幼児 体操教室 かけっこ

--ほかにも、体操教室のメリットと感じるものがあれば教えてください。

娘は、知らないこ子と遊ぶのに物怖じするタイプだったんです。
公園でも、誰かよその子が近づいてくると、ほかの遊具に移動する感じで。
体操教室で、ほかの子どもと一緒にレッスンを受けたおかげか、以前より活発になったと思います。
初めて会う子に積極的に話かけたり、先生にも挨拶したり、コミュニケーション能力が伸びた気がします。

運動能力だけでなく非認知的能力も伸ばす体操教室

運動の習慣をつけることが、運動能力を伸ばすだけでなく、子どもの自信にもつながります。
ほかにも、体操教室に通うのはこんなメリットがあります。

  • できなかったことが練習で出来るようになる経験から、諦めずやり抜く力を育む
  • 出来たという成功体験を通して、自己肯定感を育むよいチャンスになる
  • 集団行動の中で、先生の話を聞く・挨拶をするといった社会性が身につく
  • ほかの子どもと一緒に行動することで、順番を守るなど協調性が身につく

自主性・忍耐力・協調性・やり抜く力などは、「非認知的能力」と呼ばれます。
学力・成績だけではなく、将来的な成功には、この非認知的能力を幼少期に高めることが重要だと言われています。

運動能力を伸ばすだけでなく、目標に向かって頑張ったり、他人とうまく関わる力を、自ら体を動かすことを通じて学べるのが体操教室の魅力といえるでしょう。

体操教室のデメリット

早いうちから体操教室に通わせるデメリットはどんなことが考えられるでしょうか?

  • 身長が伸びなくなる、将来的にスポーツ障害を抱える
  • 待ち時間が長い
  • けがをする(スポーツ外傷)

身長が伸びなくなる、将来的にスポーツ障害を抱える

過度に重いものを担ぐようなトレーニングや衝撃の強い運動で軟骨を損傷したり、激しい疲労から体に十分な栄養が行きわたらないと、背が伸びにくくなることがあるようです。
スポーツ障害とは長期的に同じスポーツを続けることで起こる障害で、「使い過ぎ症候群」とも言われています。

これらはあまりにも早期から種目を絞って体の一部を酷使することで起こりやすいと言われています。
スポーツ障害は慢性的になりやすく、痛みを一生抱えることにもなりかねません。

3~10歳は運動神経が伸びる「ゴールデンエイジ」と言われています.
この幼少期には、ひとつの種目に絞りすぎるよりも、様々なスポーツに総合的に取り組むことのほうが、後に専門競技に進んだ時にもパフォーマンスがより優位になる可能性が高いという研究発表もあります。

幼児 体操教室 スポーツ障害

こういったことからも体の一か所を酷使するスポーツに特化するよりも、総合的で基本的な運動能力を身につけるようにしていくと良いでしょう。
基本的な体の動かし方を繰り返し練習することを「コーディネーショントレーニング」と呼び、幼少期はこのコーディネーショントレーニングに取り組むと、運動神経が発達します。

待ち時間が長い

体操教室は他の習い事と比べても比較的リーズナブルですが、それは先生一人あたりの子どもの人数が多めであることにも起因します。

例えば、1つの跳び箱を10人なかには20人で使用する教室もあり、そうするとレッスン時間の中で「待つ時間」が多くなります。
跳び箱セッション15分のうち我が子が跳んだのは2回だけ・・・というようなことも起こりえます。

体操教室の体験に行った際には、最大何名でレッスンを行うのか、参加人数が多い時はどのように対応しているのかなども確認するようにしましょう。

けがをする(スポーツ外傷)

スポーツ外傷とは脱臼や捻挫、骨折、靭帯損傷など突発的に起こるものを言います。
スポーツ障害よりは治りやすいといえますが、親としては心配です。

これは空手や他の習い事にも言えることですが、体を動かす以上けがのリスクもあります。
しかし体操教室で反射神経や柔軟性を養うことで、大きなけがの予防につながる可能性もあります。

体操教室の体験の際に、子どもの発達に合わせた指導ができる体操教室かどうかも確認するようにしましょう。

まとめ

  • 風邪を引かないように体を強くするため
  • けがをしにくくなるように柔軟性を養うため
  • コミュニケーション能力を高めるため

など体操教室に通い出す理由は様々です。
仲良しのお友達がいれば、子どもにとっては、遊びの延長として楽しめます。

体操教室 幼児 楽しい

どんな理由からスタートしても、まず大事なのは「子どもが体を楽しんで動かすこと」。
楽しいという気持ちで運動し、「出来た」という達成感を感じることができれば、体の発達だけでなく、精神面でも大きく成長できます。

親の押し付けではなく、子供の「やりたい」「楽しい」という気持ちを大事にしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。