勉強・教育

天使の4歳児って何? 子供が4歳になる時に知っておくべき4つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

子どもを心から愛しているものの、たび重なる“イヤイヤ”の言動に疲れきってしまう。
つい感情的に怒ってしまい、寝顔を見て反省する……。
手のかかる2・3歳児のママにとっての毎日は慌しく、子育てが果てしない道のりに思えるのではないでしょうか。

「天使の4歳児」という言葉を知っていますか?

4歳児は幼稚園や保育園の年少にあたり、入園を期に落ち着いてくる子供が多くいます。
まるで夢のような話ですが、本当に4歳児は「天使」なのでしょうか?
その変化と成長をまとめたいと思います。

幼児教育で重要な「天使の4歳児」という考え方とは?

「天使の4歳児」とは?

「天使の4歳児」とは、「魔の2歳児」や「悪魔の3歳児」を終え、ようやくママの負担が軽くなる時期を表現したものです。
比較的最近になってから登場した言葉で、さまざまなメディアで取り上げられるようになりました。

激しい自己主張が始まる2歳のイヤイヤ期。
この時期はまだまだ言葉の表現がつたなく要求が伝わりにくいため、お互いのストレスがたまりがちです。

そして3歳になると言葉が格段に上達するものの、まだ他人や周りに気を回すことはできません。
ですからワガママなのは仕方ないのですが、言葉が少し通じるだけに口ゲンカになることもあります。
体力的に単純に抱っこして場を収めることが難しくなってくることもあり、ママの疲れはピークに達します。

ところが4歳になるころには、他人や周りを意識することができるようになってきます。
親の言うことを聞く分別も少しついてきて、ママも少し楽になります。

他にも、目標を持って練習したり、物事を客観的に考えることができるようになってきます。

他人のことも考えることができるので、自分から進んで洗濯ものを畳んでくれたり、買い物の荷物を持ってくれたり、お手伝いまでも積極的にしてくれるといった変化がみられるでしょう。

会話で意思の疎通ができる!

子供が4歳になると最も体感するのが、意思の疎通ができるという喜びです。
親の「わかってほしい」という気持ちを敏感に感じてくれるのもこの年頃の特徴です。

もちろん、これまでもたくさんの言葉を交わしていたはずですが、幼いころの子供はあまり言葉そのものを深く理解せず発しているような面もあります。
そのため、親からの一方通行のようなところもありましたよね。

4歳児になると大人の話もしっかり聞きますでも、それが4歳になるころには言葉の理解が深まり、叱ったときには話をしっかりと聞き、それを守ることができるようになります。大人の会話の内容もよく聞いています。

もちろん2・3歳のころと比較して、ということです。4歳になるとまったく「イヤ」と言わなくなるわけではありません。
でも、嫌なときはその理由を説明してくれるようになるので、会話で解決できることが多くなります。

意味不明なイヤイヤに振り回されることが少なくなる分、子育てが格段に楽になります。
普段は特に意識していませんが、意思の疎通ができるという点が人と人との関係においてとても大切なのだとわかります。

甘え上手になる! 赤ちゃん返りも見られる

子どもは、2・3歳のころはとにかく手助けを嫌います。
できることが少ないのに「自分でやる!」という頑固さに、付き合うママもヘトヘト。
靴を左右逆に履いているので直そうとすると地面に寝転がって泣いて抗議したりします。

できるだけ子どものペースや気持ちを受け入れてあげたいのですが、周りの人に謝りながら……、時間を気にしながら……、という毎日にママは心身ともに疲れ切ってしまいますよね。

4歳児になると赤ちゃん返りも・・・ところが4歳ごろになると、子どもにはそのこだわりが少なくなります。
自分でできないと判断すると、手助けを受け入れることができるようにもなります。
今までできたことまで「ママやって~」頼んできたりします。

ママとしては「あのこだわりはどこへ行ったのか!!」と面くらうことでしょう。
しかし甘えることで集団生活でのストレスを解消していたりするところもあるので、時間や状況が許す限りは甘えさせてあげてもいいのです。

甘えを通り越して赤ちゃん返りが見られることもあります。
そんなときは、お話をよく聞いてあげたり、抱っこやスキンシップもたくさんしてあげると心の安定につながります。

グズグズ言ったり癇癪を起こしたりすることもまだありますが、自分の要求や思いを伝えられるようになることで、こういった困りごとは徐々に少なくなるはずです。

4歳児の注意点4つ

4歳になるとこういった嬉しい変化がありますが、注意すべきことをお伝えします。

  1. けが
  2. 悪い言葉
  3. ストレス

まず「嘘をつくこと」です。

あるママの話では、「トイレの後に手を洗ったの?」と質問したとき「うん」という即答したけれど、手を見ると乾いたままだった……というのが子供の初めての嘘だったそうです。

サラッと嘘をつくので最初はショックですし、怒りや不安を感じたりもするでしょう。
ですが、このころの子供の嘘は空想と現実の区別がついていないためなど悪意がないケースが多いのです。

子どもの嘘に対して頭ごなしに怒らないように頭ごなしに嘘を否定すると逆効果です。
「あれれ? ママにはバイキンマンが見えるよ!もう一度一緒に洗いに行こう」
などと、子供の気持ちに寄り添いつつ優しく指摘していくといいでしょう。

気を付けたいのは、「怒られたくない」「やりたいことができなくなってしまう不安」など複雑な感情から「これはママに言わないでおこう」という嘘です。

便が緩かったのに「バナナだった!」と言ったり、友達と喧嘩して頭をぶつけたのにそれを大人に言わなかったり。
4歳児は物事の因果関係などはわかりません。「何かおかしいな」と思うことがあったら見逃さず情報を集めていきましょう。

けが

4歳ともなると大人も追いつくのが難しいくらい早く走ったり、遊具などでの遊び方も大胆になっていきます。

子どもの怪我にも注意してください2・3歳に比べれば動きもしっかりしてきますが、力も強くなり身体も大きくなり、何かあると大けがにつながります。
4歳児の判断力を過信せず、交通事故や高所からの転落などにも気を付けて過ごしましょう。

また、友達との喧嘩などでも相手にけがを負わせてしまうことも考えられます。
物の取り合いくらいの喧嘩は仲裁しない方が社会性に結び付くと言われていますが、手が出るような喧嘩は放っておけません。

悪い言葉

園で覚えてきた悪い言葉を使ってみたがる子も多いでしょう。
「バカ」「お●ンチン!」「早くしな」など、驚くような言葉を次々覚えてきます。

こういったこともまだまだ悪気がないのがこの年頃の特徴です。

「そういう言葉は人をいやな思いにさせるよ」
「ママもパパも悲しい気持ちになる」
「言われたらいやだなと思うことは言ってはいけないよ」

と、ひとつずつ冷静に教えるとともに、ふざけて言っている子どもに対して過剰に反応しないことも大切です。

ストレス

4歳くらいになるとお友達との関わりが増え、そして衝突も増えます。
社会性を身につける上で、お友達との喧嘩も必要ですが、4歳児本人は毎日大変です。

お子さんはストレスを抱えていませんか?下の子が産まれたことなどをきっかけに赤ちゃん返りする頃もあるでしょう。

また、園生活や習い事で疲れやストレスを溜めていても自分では上手に処理できません。

わけもなく泣いたり、意地悪したり、親を怒らせるようなことをわざとしたり。
そういったことが見受けられた時はゆっくり休ませたり、生活の見直しをしてあげてくださいね。

幼児期のいじめに関する記事はこちら
いじめ経験90%以上!? 子どものために親ができることとは?

以上4つのことに気を付けて、かわいい4歳児との毎日を楽しみたいものです。
「どんなときもあなたを見ているよ」という姿勢は子供の心に届きます。
ひとつひとつが心の成長につながっているので、根気よく子どもの思いに寄り添いながら、解決していけるといいですね。

まとめ

ここまで、4歳児に起こる変化と成長をお伝えしてきました。

「天使の4歳児」とは、「親の気持ちを理解し、力にもなってくれる」すなわち「小さな大人になる」ことを表現したものだと言えます。

しかしまったく逆のことを言うようですが、「天使」という言葉に期待のし過ぎは禁物です。
成長は段階的なもので、三歩進んで二歩下がるといようなところもありますし、子供によって成長のタイミングも大きく異なります。

子どもの成長に合わせて子育てを楽しんでくださいね

美しい景色を見たら「きれいだね」。
喧嘩をしたら「悲しいね」。
子供が4歳になったからこそできる気持ちの共有、感性豊かな会話や言葉と感情のやりとりを通して触れ合いを楽しんでください。

そんな心と心の触れ合いは、世話をする一方だった子育ての印象を違ったものにしてくれるでしょう。

今、2・3歳の子を追いかけまわしているママも、お子さんとの絆をより深めていくことのできるこの素敵な時期を、ぜひ心待ちにしていてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。